JRC-日本リベットルーフ防水工事業協同組合

JRC概要

  リベットルーフと組合の歴史 業界の歴史
1957年S32   塩化ビニル樹脂系床材を屋上に試験施工。 国鉄の車両屋に西独製ポリイソブチレンシートを屋根材として採用。
1961年S36 リベットルーフの研究開始。  
1963年S38 リベットルーフが開発される。  
1967年S42 リベットルーフ防水施工代理店、
全国25社設定。
 
1968年S43 西日本リベットルーフ工業会設立。  
1969年S44 リベットルーフ積層タイプ開発。
熱融着工法開発。
YKボンド540A開発。
JIS A 6008「合成高分子ルーフィング」制定。
1970年S45 リベットルーフ大阪万博に採用。 合成高分子ルーフィング懇話会(KRK)設立。
JIS A 「基布その他を積層した合成高分子ルーフィング」6009制定。
1971年S46 日本リベットルーフ防水工業会設立。  
1972年S47   JASS 8 「防水工事」の制定。接着工法が標準工法となる。
1973年S48   建設省「建築工事共通仕様書」に合成高分子ルーフィングが採用。
絶縁工法(機械的固定工法)が日本に導入される。
断熱工法が開発される。
1974年S49   全国防水工事業団体連合会発足。
1978年S53   合成高分子ルーフィング工業会(KRK)に改組。
1979年S54 リベットルーフ、JIS A 6009 取得。  
1981年S56   JASS 8 「防水工事」の改訂。
1982年S57 日本リベットルーフ防水工事業協同組合設立  
1983年S58 リベットルーフ、JIS A 6008 取得。
FL絶縁工法開発。
ガラス繊維不織布積層「FLシート」開発。
JIS A 6009 改訂。
1984年S59 YKプールシート開発。 KRK塩ビ部会、300万本の年間生産。
1985年S60   建設省建築工事共通仕様書改定。
1986年S61 MMA樹脂積層ルーフィング
「リベットルーフテクノ」開発。
JASS 8 「防水工事」改訂。
1987年S62 リベットルーフアート開発。 JIS A 6008 改訂。
建設省建築工事共通仕様書改定。
1988年S63 蓄熱水槽防水工法開発。  
1989年H1 脱気工法開発。  
1990年H2 フッ素積層シート、無可塑シート開発。 全国防水工事業協会発足。
(全国防水工事業団体連合会発展的解散)
1991年H3 ガラス繊維補強布積層
「リベットルーフGM」開発。
 
1992年H4   JIS A 6008 改訂。(JIS A 6009 を統合)
1996年H8 クッションプール防水工法開発。
電磁誘導過熱によるIH工法開発。
金属下地乾式断熱工法開発。
耐火屋根構法(FP030RF-9062)開発。
 
1997年H9   建設省建築工事共通仕様書改定。
1998年H10 ヴェルデ緑化工法開発。
耐火屋根構法(FP030RF-9067)開発。
 
1999年H11 アクリル樹脂系防水シートリベットルーフEX開発。  
2001年H13
中央省庁等改革の一環として北海道開発庁、国土庁、運輸省及び建設省を母体に国土交通省が設置される
国土交通省建設工事仕様書改訂
2002年H14 リベットルーフ防水施工数200万m2を突破
耐火屋根構法(FP030RF-0009)LCS工法を開発
「リベットルーフHP」の上市
建設改修工事共通仕様書改訂
2003年H15 薄層緑化システム「プリオセダム トレー」を開発
 
2004年H16 リベットルーフ防水一体型、太陽光発電システムの販売開始
「リベットルーフSW」の上市
公共建築工事標準仕様書改訂
公共建築改修工事標準仕様書改訂
2005年H17    
2006年H18 大陽光高反射防水「リベットルーフCOOL」の発売
2007年H19   改正建築基準法の施行
2008年H20 エコスクール認定校に「リベットルーフCOOL」が採用  
2009年H21 「リベットルーフCOOL」が環境省のグリーン購入品に適合  
2010年H22 太陽光モジュール固定システム「エネブリッド」可変レール仕様を開発 公共建築工事標準仕様書、公共建築改修工事標準仕様書の改訂
2012年H24 防水シート一体型薄膜ソーラーモジュール「リベットルーフソーラーシート」を開発  
2013年H25 軟式鋼製基礎「グリッドベースM」を開発  
TOP